家族からのサポートを受け入れる

うつ病の治療の初期段階において、
回復の大きなポイントになってくるのが周りのサポートです。

 

そして、うつ病の患者さん本人がそうしたサポートを
しっかりと受け入れる事
です。

 

うつ病になってしまう人の性格として、
真面目で几帳面、責任感が強いという事が挙げられます。

 

そうした性格の人は、周りからのサポートを受け入れる事に抵抗を持つ人もいます。
責任転嫁することをせず、何事も自分で何とかしなければと考えてしまう為に、
そうしたサポートを申し訳ないと思ってしまうようです。

 

しかし、治療という面においては、そうしたサポートを受け入れる事が
よりスムーズな改善につながります。

 

特に家族からのサポートに関しては、遠慮せずに受け入れ、
安心できる人間関係のもとで休養する事が必要です。

 

例えば、社会人になって2,3年で発症した若者の場合、
学生時代まではきちんとやってきて、
親に心配をかけずに自立して生活している人が多いようです。

 

こういう人の多くは、
うつ病になった自分を知られてしまうと、親は失望するのではないか
と考えてしまいます。

 

しかし、いったん実家などに戻って、親が快くサポートをしてくれて、
本人も子供に返ったように親に甘え、深い安心感を得られるようになる事は、
うつ病の治療にはとても効果的といえます。

 

もちろん完治した後は、べたべたした関係ではなくなるので、
あくまでも一時的な関係ですが、うつ病の治療の為の生活環境には
とても良いといえるでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ