うつ病の家族との付き合い方

うつ病の治療中の家族や親しい人に対して、
どのように接してあげるのが一番良いのでしょうか。

 

うつ病の苦しみは、うつ病になった人にしかわかりません。
ですので、なるべく本人の事をいつも気にかけてあげて、
そばで見守ってあげることがベストと言えます。

 

言葉で理屈っぽく説明する必要はありません。
「いつも気にかけているよ」
「回復するまでゆっくり休んでいよう」
という何気ないメッセージを送ってあげることで
本人は安心します。

 

こういったことは、言葉だけでなく、態度や視線などからも
十分に伝わっていきます。

 

つかず離れず見守る事が大切で、あまり干渉し過ぎてもいけません。
症状が重いときには、食事や入浴など、身体を動かす事自体が
苦痛に感じることもあります。

 

そういった時に相手を急かすような言葉を言ってはいけません。
病気のせいで何もする気になれないのだと、理解してください。

 

また、相手は悲観的なことばかりを何度も口にするかもしれません。
そういったことを何度も聞かされると、時には苛立ってしまうかもしれませんが、
これも病気の一部です。本人の本当の意思ではありませんので、
ちゃんと受け止めてあげてください。

 

相手の目を見てうなずく、相槌を打つ、相手の言葉を繰り返す、など、
話を聞いてあげて、受け止めるだけでも本人の気持ちは楽になっていきます。

 

相手のペースに合わせ、できるだけ普段どおりに接してあげてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ