休息することの罪悪感がうつ病を長引かせる?

うつ病の治療の初期段階においては、
1,2ヶ月程度の絶対的休息が必要とされています。

 

しかし、日本の文化、風習としては、
休息することは怠ける事
と同一視される事も多く、あまり良い印象を持たず、
否定的に受け止められやすいものです。

 

うつ病にかかった本人も、何もしないで寝ていることに対して、
非常に罪悪感を持ってしまいます。

 

しかし、そうした性格がうつ病を慢性化させている原因の1つともいえます。

 

そういう人には、
休む事が仕事である
という認識を持つことが必要です。

 

難しいのは、もともと非常に活動的で、何かをやっていないと気がすまない、
という人の場合です

 

うつ病にかかりやすい人の性格として、
完ぺき主義、真面目、他人に頼らない、という人が多く、
そうした性格ゆえに、休息に対しても、
なかなか真剣に受け入れる事をしないです。

 

こういう人の場合、休職して目の前に負担がなくなった途端、
何もせずに休養に専念することがなかなかできません。

 

例え休んだとしても、
今まで読まずに積んでおいた本を一気に読む、とか
行きたかったところへ旅行へ行く、とか
部屋の模様替えをする、とか
とにかく何かしらの行動をとってしまいます。

 

うつ病の治療の初期段階においては、完全休養が求められます。
ですので、こうした行動は逆効果になってしまう可能性があります。

 

しかし、周囲で見ている家族も、そうした行動を
よくなっている証拠」と勘違いして
そのままにしておくことも多いです。

 

しかし、これがうつ病の慢性化につながる原因でもあります。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ