うつ病は家族のサポートの有無でその克服までの期間がちがってくる

うつ病の治療、克服には、家族の支えがあるかないかは、
非常に重要な問題です。

 

もし、夫がうつ病で悩んでいるならば、
妻や家族が常に優しく見守ってあげる事が早期克服につながっていきます。

 

家族のサポートの有無は、患者さんが早く社会に復帰できるかどうかの
重要なポイントでもあります。

 

ですので、妻はうつ病に悩んでいる夫を放っておいてはいけませんし、
もちろん、妻がうつ病になって苦しんでいるのなら、
夫は妻を放っておいてはいけません。

 

うつ病の克服の為には、専門医による医学的な治療のほかにも
休養と家族のあたたかい愛情が必要となります。

もし、妻がうつ病で苦しんでいる時に、
看病ばかりしていて、仕事がはかどらない
などと愚痴をこぼすことは絶対にやってはいけない事です。

 

夫や妻のうつ病がなかなか治らない場合は、
それは伴侶の責任であると思ってもらってもいいくらいです。

 

もちろん、うつ病の症状がひどい場合は、専門医に相談して、
入院という事もあるかもしれませんが、そうであっても
医者にかかっているから大丈夫だ
入院しているから何もしなくても良い
と思って、医者に任せっきりにしていることはよくありません。

 

そうした姿勢でいると、病院で治療したとしても、
いずれ再発する可能性が高くなります。

 

病気を最初に発見するのは、一番身近にいる家族であるのと同様に、
病気を治すのも、一番身近にいる家族という事ができます。

 

家庭での療養の仕方がこの病気では非常に大切になってきます。

 

ただし、注意したいのは、元気づけたり励ましたりする事は
あまりしてはいけません。

 

うつ病では、まずは休養するという事が、何よりの薬になります。
元気づけるつもりで、映画やスポーツ観戦などに連れ出すのは良くないです。
体力を消耗させ、心を疲れさせ、かえって症状を悪くしてしまいます。

 

患者さんとは、付かず離れず温かく見守りながら、穏やかに接し、
不安を与えない事が重要となります。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ