不眠症を睡眠薬で解消するのは、、、

ストレスの多い現代社会では不眠症を訴える人が多いです。

 

不眠症というのは、その人の心の中に不安感や不満、悲しみなどが
蓄積して起きる症状です。

 

ですので、不眠症を治す一番の方法は、
そうした心の中にある不安感などを解消することです。

 

しかし、仕事や人間関係での不安感だった場合は、
なかなか自分ひとりの力では解決できずに、
不眠症を引きずって生活することになります。

 

中には、睡眠薬を使って寝るようにしている人もいますが、
これはあまり良い方法とはいえません。

 

どうしてかというと、
睡眠薬というのは、使い続けると徐々に習慣化してしまい、
同じ量では効かなくなってきます。

 

また、睡眠薬にも副作用があります。
例えば、軽いものでは動悸便秘吐き気などがありますし、
飲み続けると、記憶障害を引き起こしたり、
睡眠薬依存症になってしまうこともあります。

 

それから、そうした薬を使った強制的な睡眠というのは、
体のリズムと合っていないために、疲労を十分に回復させてくれません。

 

そうなると、ますます疲れがたまってしまい、
それを睡眠薬を使って、無理矢理寝て回復させようとするので、
ますます睡眠薬の常習性が強くなっていきます。

 

薬を使わないで不眠症を解消するには、
まず生活のリズムを整える事が重要です。

 

まずは朝、毎日同じ時間に起きて、必ず朝食を摂るようにしましょう。
そして、適度な運動をすることです。

 

単純に考えて、人間は疲れるから眠るわけです。
不眠症で悩んでいる人は、運動不足の人が圧倒的に多いといわれています。

 

適度な運動は体のリズムにメリハリをつけるので、
夜になると自然に眠くなるようになっていきます。

 

やはり薬に頼らずに、生活習慣の改善から治すのが健康的で良いですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ