過去の失敗に囚われない

心の悩みやストレスが高じると、うつ病などの症状に陥ります。

 

うつ病の芽は誰もがもっているといえますが、
多くの人は病的なまでには症状が進まないで済んでいます。

 

しかし、ちょっとした事がきっかけでうつ病に陥ってしまう人もいます。

 

日頃から過去の自分の失敗をいつまでも気にかけて
あれこれ悩むタイプで神経質な性格の人に多く見られます。

 

失敗を克服するために反省する事は必要ですが、
失敗ばかりに気をとられていてもいけません。

 

消えるわけでもない過去、過ぎてしまった過去のことを
いくら考えても元に戻す事はできません。

 

こうして過度に過去にこだわり続けていると、
いつまでたっても前進できなくなってしまいます。

 

そして、いつまでも失敗した時と同じ地点をうろつく事になります。

 

そうなると「自分は何も成長できていない」と感じ、
一層焦りが増していき、更なる緊張状態で物事に対処するようになります。

 

その結果、再び失敗を重ね、落ち込んでしまい、悪循環を繰り返し、
どんどん自分を卑下して痛めつける事になります。

 

学校の勉強などでもそうですが、人間の記憶というのは、
忘れそうになった単語、数式などは、復習や練習問題などを行い、
再び記憶を喚起する作業を何度も繰り返していくうちに
意識の中にしっかりと残り、強化されていきます。

 

それと同じで、嫌な出来事をいつまでも繰り返し思い出していると、
その嫌な記憶はどんどん意識の中に強化され、
忘れがたいものとなってしまいます。

 

過去の失敗や嫌な出来事は、適度に反省した後は
早めに忘れるように心がけましょう。

 

失敗を思い出さないような状況に自らを置いておき
前に進む事だけを考えるようにしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ