うつ病と不眠

うつの大きな特徴のひとつに不眠の症状を伴う事が挙げられます。
およそ9割のうつの方に不眠がみられるといわれています。

 

そして、その不眠には、3種類あります。

入眠障害」—うまく眠りにつけない
熟眠障害」—ぐっすり眠ることができない
早朝覚醒」—予定より早く起きてしまい、その後眠れなくなる

うつの不眠には、
一旦寝ついても直ぐ目が覚めてしまう、
なかなか寝つかれず、ようやく寝ても夜明け前に目が覚めてしまう、
といった症状が多いようです。

 

睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠の2つのパターンがあることは
よく知られていますね。

 

簡単に説明しますと、
レム睡眠は、眠りが浅い状態です。
眠っている間も眼球が動いていて、夢を見るのは、レム睡眠の時です。

 

それに対して、ノンレム睡眠は深い眠りです。眼球も動きません。

 

健康な人は、眠って直ぐにノンレム睡眠に入り、
やがてレム睡眠、再びノンレム睡眠というパターンを眠っている間に
何度か繰り返しています。

 

平均的にはだいたい90分サイクルで繰り返していきます。

 

しかし、うつの人は、眠り始めにレム睡眠に入ってしまいます。
それにより睡眠のリズムがつかめず、眠りが浅くなってしまいます。

 

ぐっすり眠ったという実感が得られない為に、
不眠感が強く残ってしまいます。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ