セロトニンの減少とノルアドレナリンの増加

人間にストレスが加わると、ノルアドレナリンやコルチゾールといった
抗ストレスの物質が分泌されます。

 

しかし、その一方で、セロトニンの分泌が弱まり、
セロトニン神経の機能低下が見られるようになります。

 

このような状態が続き、さらにストレスが慢性的に加わって、
充分な休息なども取れないようになると、
不眠症を訴えたり、早期覚醒などが見られるようになります。

 

これはノルアドレナリンによる活動的な機能が
必要以上に昂ぶっている状態といえます。

 

こうした状態になると、セロトニンの分泌が減少していることで、
精神の安定が図れなくなったり、平常心を保てなくなっているので、
ノルアドレナリンの働きによって余計な雑念ばかりが
頭の中に浮かんできてしまいます。

 

ですので、症状としては、明け方に目が覚めた瞬間から、
心配事が頭の中をグルグル巡り、それきり眠れなくなります。
そして、それと同時に食欲も低下していきます。

 

こうした状態がさらに続くと、
やがては、抗ストレスとして頑張ってきたノルアドレナリンの活動も
限界に到達してしまいます。

 

すると、ノルアドレナリンの活動も徐々に弱まり、
ストレスに立ち向かえなくなり、心のエネルギーが急降下をはじめます。

 

こうなってしまうと、これ以上は頑張れないという事になり、
もう働けない、会社にいけない
自分には能力がない
生きていても仕方がない
という事態を引き起こし、うつ病を発症してしまいます。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ