うつ病になると非現実的な事を考えてしまう

うつ病になってしまうと、余計な感情が頭に浮かんできて、
不眠症になったり、情緒不安定になったりします。

 

そして、これらの症状は、
脳内で起こるセロトニンの減少、及びノルアドレナリンの活性化により
引き起こされるものです。

 

セロトニンには、ノルアドレナリンなどの他の神経伝達物質の
活動をコントロールし、精神を安定させる機能があります。

 

しかし、うつ病になると、
こうしたセロトニンの働きが弱まってしまい、
ノルアドレナリンの活動を抑制できなくなってしまいます。

 

ノルアドレナリンには、感情を活性化させる機能があり、
神経を興奮させる役割があります。

 

つまり、セロトニンの働きが弱まる事で、
普段は抑えられている感情や思考、
自分は役に立たない人間だ
自分なんていなくなってしまえばいい
という余計な感情が表に出やすくなってしまいます。

 

更に、ノルアドレナリンが活性化している状態だと、
そうした非現実的な思考もどんどん表に出ようとする力が
強くなっていき、自殺願望なども考えてしまうようになります。

 

うつ病の初期と回復期においては、
自殺リスクが高まるとよく言われます。

 

初期の場合だと、ノルアドレナリンがまだ活動しているので、
そうした非現実的な事が表に出やすく、
また、回復期の場合は、ノルアドレナリンの機能が
修復されて活発に働き出すことにより、
やはり、さまざまな感情が表に出やすくなり、
その過程でも自殺願望が高まる危険性があります。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ