うつ病になったときの心構え~休む事が仕事~

精神科に行ってうつ病と診断されると、

こんな病気になった自分が情けない
心をしっかり持っていたら、うつ病にならなかったのでは

と自分を責めてしまうケースがありますが、
その考え方は間違っています。

 

うつ病になったからといって、決して情けなく感じる必要はないですし、
これ以上しっかりする必要もありません。

 

うつ病というのは、自分の限界ギリギリまで頑張り続けた結果として
なってしまう病気ですので、自分を卑下する必要は全くありません。

ID-100146546

おそらくうつ病になる前のあなたは、他の人から見ると、

よくあんなに働くことができるなぁ
周りに対して凄く気の利く人だなぁ

と思われていたことでしょう。

 

そして、そうした頑張りに対して、

もうこれ以上ストレスを溜めないで下さい

と心が反応している状態だと認識しましょう。

 

ですので、自分を責めることはお門違いで何の意味もありません。

 

たっぷりと休養をとって心身の疲れを癒しながら
回復を待つようにしましょう。

ID-100162372

その際の心構えとしては、

  • 自分はうつ病だと認識して頑張らない事
  • そのうち治ると気軽に待つ事
  • 自分を責めない事
  • 仕事や家事はできるだけ避けて睡眠と休養を十分にとる事

これらのことを意識するようにして、心が元気になるまで
ゆっくりダラダラと過ごしましょう。

 

どうしてもうつ病になってしまう人というのは、
休む事に罪悪感を持ってしまうケースが多いですが、
うつ病患者さんにとっては、休む事が仕事のようなものです。

 

心が元気になるまでは、ストレスをなるべく受けず、
そして、焦らずに自分の体勢を立て直すようにしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ