うつ病回復時の行動療法的な練習

うつ病治療の為、休養している状態から、職場復帰する際には、
できることなら予め、模擬的な出勤練習をしてみた方がよいでしょう。

 

自分が職場に復帰したときの状況を想像してみて、
おそらく大丈夫だろう
という判断をしたとしても、いざ出勤してみると、
心理的な不安感や緊張感から体調を崩してしまう事も有り得ます。

 

ですので、職場復帰の1ヵ月ほど前を目安として、
模擬的な出勤練習の日程を設定して、
そのとおりに実行してみるようにしましょう。

 

たとえば、
最初の1週間は、出勤する時と同じ時間帯に朝起きるようにして、
通常の出勤の時と同じようにスーツに着替えて
駅の改札まで行く練習をします。

 

これを一週間繰り返します。
そうした際に、特に精神的に、肉体的につらいと感じなければ、
次の段階として、
電車に乗って途中の駅まで行ってみる、という練習に移ります。

 

そこで無理がなければ、徐々に距離を伸ばしていき、
直前の2週間は、職場の最寄り駅まで行くようにしてみます。

 

時間帯によっては、会社仲間と偶然出会ってしまって
気まずい思いをするかもしれませんので、
多少時間をずらすなど工夫した方がよいかもしれません。

 

こういうやり方で、少しずつ段階を踏んで、
実際の出勤状況へと近づけていきます。

 

これは行動療法と呼ばれる心理療法のひとつで、
少しずつ場に慣れさせていき、適応的に改善させていく手法です。

 

うつ病などの心の病気にかかる人には、
神経が人並み以上に過敏な人も多く、
こうした行動療法で、不安感を取り除くことも必要になってきます。

 

こうした模擬練習をして、最後まで無理なく行うことができた人は
たいていは問題なく復職する事ができるでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ