ストレスを軽視しているとうつ病になりやすい

今の日本で通常の社会生活を送っていくには、
どうやってもストレスは付き物です。

 

職場や家庭、ご近所づきあいなどで生じたトラブルや心配事が
ストレスとなって、イライラしたり、不安になったり、
また、精神面だけでなく、実際に眠れなくなったり、胃が痛くなったり、
体調面にも影響が出るという経験は、誰にでもあると思います。

 

このように心身に影響を及ぼすストレスを放っておくと、
徐々に心と体がむしばまれていき、やがてはうつ病の症状で
苦しめられることにもなります。

ID-10056727

うつ病になりやすい人というのは、
ストレスに対して無防備だったり、軽視したり、無知だったりする場合も多いです。

自分がストレスにさらされている事に気づいていない

ストレスがかかっている事を認めたがらない

ストレスを感じていてもその対処方法が分からない

など、心身にもたらす影響の大きさを知らないために
過剰なストレスがかかっても、そのまま放置しているケースが少なくありません。

 

また、ストレスといってもさまざまな種類があります。

職場での対人関係のトラブル

家庭内での夫婦間、親子間でのトラブル

仕事上の責任や疲労

受験や就職

などが一般的ですが、それら以外にも

転勤、転職、昇進

引越しや新居購入

健康への不安

身近な人との離別、死別

なども、ストレスとなり得ます。

ID-10020839

そうした数多くあるストレスの中で、
大きな重圧と感じてしまうストレス、全く気にならないストレスというのは、
人それぞれ違ってきます。

 

自分にとって大きな重圧と感じてしまうストレスが
どんどん蓄積されて過剰になっていくと、うつ病を招くことにもなりますので、
自分のウイークポイントをしっかり認識しておくことが必要です。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ