ワーカホリックの人ほど作業効率は良くない

仕事中心の生活になるのは構いませんが、
仕事の事しか考えられない生活になってしまうのは、よくありません。

 

人間の脳は同じ作業ばかりを繰り返していると、
だんだんと作業能率は低下してきますし、疲れも早くやってきます。

 

つまり、仕事の事だけを考えていると、徐々に仕事がはかどらなくなっていき、
作業効率もどんどん悪くなっていきます。

 

そのようなマンネリを防ぐ為には、脳に違った刺激を与えて、
定期的に気分転換を図ることが重要です。

 

そうする事で脳を常に新鮮な状態に保つことができ、
新しいアイデアなども浮かび易くなります。

 

毎日毎日、仕事の事ばかり考えているのは、仕事の出来を悪くしますし、
精神的にも良くないというわけです。

 

自分の健康のことを何も考えず、働きすぎる人のことを
ワーカホリック(WORKAHOLIC)といいますね。

 

日本語にすると、仕事中毒症となりますが、
なんにでも仕事に結び付けて考えてしまい、
常に仕事の事が気になって、休んでいると逆に落ち着かなくなり、
不安さえ感じるような状態となってしまう人もいますが、
そういった人ほど仕事の効率は良くないです。

 

また、同僚に追い越されたくない、仕事で失敗したくない、
周囲の人よりも多くの時間働いていないと、怠けていると思われる、
というような理由でワーカホリックに陥っている人もいます。

 

しかし、そのような人は仕事そのものを楽しんでいませんし、
充実感や達成感を持つこともないです。

 

仕事を効率よくする、出来を良くする、充実感を持つようにするには、
仕事以外の時間を作り、そこで充実感を持つようにしなければいけません。

 

その為には先に挙げたように、休みの日にはできるだけ仕事以外の刺激を
脳に与えることが大切になってくるんですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ