自分で勝手にストレスを作っていないか

日常生活において、私たちの身の回りには、
ストレスの元となる人、物、現象などが溢れています。

 

それらに対して、うまく対応したり、受け流したりしていけば、
ストレスを溜め込むことはないでしょう。

 

しかし、そうした出来事に対して、真正面から受けてしまい、
プレッシャーを感じたり、気にし過ぎるなど、
自分自身でストレスを作ってしまう人も多いです。

 

例えば、
うまくいかなかったらどうしよう
失敗したらどうしたらいいんだろう
などと、まだ何も始まっていない段階で、
先回りしてあれこれと気をもんだりする人もいます。

 

また、
明日の予定はこれで、それが終わったらこれをやって、、
などと、やらなければいけないことを数え上げて、
不安や緊張を自分から大きくしてしまう人もいます。

 

このような思考パターンは、ストレスを自分から作り出していると言えます。

 

まだ起きていない未来の事であるにも関わらず、
このような思考パターンで新たなストレスを作り出していくと、
ストレスがどんどん蓄積されてしまい、心の不安が体へも波及していき、
体調不良を招く事にもつながっていきます。

 

もちろん仕事や勉強などを無計画にやるわけにはいけませんが、
予定やスケジュールなどを把握したら、それ以上の事を気にしても
意味がないとも言えます。

 

特に、自分が完ぺき主義、生真面目と認識している人は、
自分の思考パターンがストレスを作り出していないか、
再確認する必要があります。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ