自虐傾向

普段そつなく仕事をこなし、優秀だと思っていた人が
急に優柔不断になったり、思考力や判断力、注意力が鈍った印象に
なったりした場合には、注意が必要です。

 

もしかしたら、その能力低下の背後には、
うつが隠れているかもしれません。

 

うつの特徴のひとつに、なんでも「自分が悪い」と
思い込んでしまう傾向があります。

 

普通の人なら、誰でも自分の事を大事に思っているものです。

例え、自分が明らかに悪い場合でも、
「タイミングが悪かったから」とか、
「もっと部下が資料をうまくまとめてくれてたら」とか、
心のどこかで自分をかばっているものです。

 

しかし、うつ状態の人は、自己弁護をしなくなります。
「こうなってしまったのは、自分の責任だ」とか、
「周囲に迷惑をかけてしまったのは、自分に能力がない為だ」とか、
考えてしまいます。

 

こうした考え方は、悪い方向へどんどん進んでいきます。
ついには、
「自分は中傷されている」とか、
「リストラ要員にあげられている」など、
根拠のない思いにとらわれ、被害妄想的な行動をとることさえあります。

 

これは社会生活における人間関係に対するバランス感覚が
崩れてしまっている為に引き起こされる症状です。

 

「自分がいなければ会社はもっとうまくいくのでは?」とか
「自分は会社のお荷物になっているのでは?」など、
強い自責の念が見られたら、うつ病を疑ってみた方がよいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ