アロマテラピーでリフレッシュ作用が期待できる香りは?

先の記事では、リラックス効果の高い香りを紹介しましたが、
今回はリフレッシュ効果の高い香りを紹介します。

 

リフレッシュ効果の高いアロマとしては、
ローズマリー、サイプレス、パイン、シダーウッドなどがあります。

 

ローズマリーなどはわりと有名で知っている人も多いのではないでしょうか。
その香りを嗅ぐだけでも気持ちをシャキッとさせてくれますが、
より効果的な方法としては、冷たい水にローズマリーのオイルを1滴垂らして、
顔を洗うと更にすっきりした気持ちになります。

 

また、サイプレス、パイン、シダーウッドなどは針葉樹の香りです。
サイプレスはイトスギ、パインは松、シダーウッドはヒノキの事で
その爽やかな木の香りは、気分をリフレッシュさせるだけでなく、
体内的にも、抗ウイルス、殺菌作用なども認められています。

 

森林浴が体に良いとされるのも、こうした理由によるものです。

 

これらの針葉樹のアロマを用いて室内で芳香浴を行えば、
自宅にいながらにして森林浴に行っている気分を味わう事ができます。

 

また、お風呂に入る時に湯船に数滴垂らせば、
それだけでヒノキ風呂につかっている気分を楽しむ事ができます。

 

そして、自宅やお風呂だけでなく、仕事場でも気分転換に利用すると良いでしょう。

 

例えば、アロマの瓶のフタをとって、フタのほうを一振りして
一瞬だけその香りを嗅ぐという方法もあります。

 

リフレッシュ目的であるならば、そのようにして一瞬だけ強い香りを
嗅ぐというのは効果的です。

 

いわゆる気付け的な感じですので、電車の中で気分が悪くなった時などにも
やってみることをお勧めします。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ