仕事一筋で定年退職を迎えてしまうとうつ病になりやすい

人間は、趣味や仕事を持っていないと精神的にも弱くなっていきます。

 

仕事一筋で定年退職を迎えてしまうと、
趣味も仕事もない状態となり、途方にくれてしまいます。

 

また、定年を迎えた頃には、三大死因であるガン、脳卒中、心臓病などにも
かかりやすくなりますし、老化も始まってくる頃で、
ちょっとした風邪や怪我でも、なかかな治ってくれません。

 

そうした肉体的な不安や恐怖なども、徐々に圧し掛かってきます。

 

このような精神的な不安、肉体的な不安に襲われると
うつ病に陥ってしまう可能性も高くなります。

 

定年時は、人生におけるゴール地点と捉える人もいます。

 

それまで仕事で元気よく走ってきたランナーも、
定年というゴールを迎える事で、その走りを終えなければならなくなります。

 

しかも、走り終わった後に「荷おろしうつ病」というものに
なってしまう人もいます。

 

こうした現象は、定年をゴールや引退と捉えてしまうから、
うつ病になってしまうとも言えます。

 

定年を第二の人生の出発点、スタートだと捉える事ができれば、
うつ病などにもかかりにくくなります。

 

仕事以外に趣味を持たない、真面目で切り替えが上手でない人間は
定年後に何もやる事がなくなって、次第に人生の活力が落ちてきてしまいます。

 

ですので、定年を喜んで迎えれるように、
在職中から定年後の生活設計を十分に練っておく必要があります。

 

暇になってから、適当に盆栽でもいじろうという心境では
結局暇を持て余して、うつ病になる可能性も高まります。

 

そうではなく、現役でまだ仕事で忙しく走っている段階のうちに
定年後の自分のライフワークを求め、見つけだしておく。

 

そして、そのライフワークの実現に向かって、
定年後は第二の人生を踏み出していきます。

 

年齢をとってくると、何をやるにも引っ込み思案になりがちですが、
実はその時こそ、今までできなかったことを積極的にやるチャンスだと
喜んで迎えていきたいですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ