行動療法についてPART.2

不安や緊張感、恐怖感が強い人は、
ストレスに対して不適切な反応を繰り返してきた為に、
それが習慣化してしまっていることが多いです。

 

そのような潜在意識に刷り込まれた間違った習慣を修正し、
症状が起きないように改善していくのが行動療法の目的です。

 

例えば、電車に乗ると動悸が激しくなる、恐怖感で落ち着かない、
という症状が現われるパニック障害に悩む人がいます。

 

これは過去に電車でそのような発作を起こし、
強い不安感が残ってしまった為に、
電車に乗ると発作を起こす
という間違った学習をしてしまったことによる症状です。

 

一種の条件反射のようなもので、
発作が起こった場所が電車の中だった為に、
"電車"という条件に体が無意識のうちに反応し、
以前と同様な発作を繰り返す不安感をもってしまうわけです。

 

こうした症状を克服するには、不安や恐怖の原因となっているものに
少しずつ慣れさせていくことが必要です。

 

不安を伴う経験はたった一度だけでも、
心の中に刷り込まれてしまいますが、
それを覆す安心感という感覚は、
繰り返し経験して初めて身につきます。

 

先に書いた電車の中でパニックになるという症状も
カウンセラーや家族が付き添って、実際に現場に行き、
少しずつ不安に慣らしていくことも良い方法です。

 

自律神経失調症・パニック障害改善プログラム
自宅で1日30分。最短3日で心身の不調をスッキリ解消することができます。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ