うつ病治療中は実家で過ごす

うつ病になってしまった人には、
一人暮らしをしていたり、寮で生活していたり、と
それぞれの生活環境があると思いますが、
休む環境としては、できれば実家に戻って親元で過ごす事が
本人にとって一番良いといえます。

 

つまり、家族の関係の中に戻る、という事が
精神的にも安心して過ごす事が出来る環境といえます。

 

これは、結婚している人でも、独身の人でも同じです。

 

特に、主婦の場合は、家が職場みたいなものですので、
実家に戻って休む事ができるかどうかが
治療の効果に大きく差が出てくる可能性があります。

 

実家に戻って生活するという事は、
単に親に甘えられる、という状況だけでなく、
うつ病である事を親に隠す」というストレスから
解放されることも意味します。

 

うつ病の患者さんの中には、「親には内緒にしていたい」と
思っている人が多いです。

 

しかし、そうした隠す行為が新たなストレスとなり、
回復を遅らせてしまう原因にもなってしまいます。

 

実家に戻り、親に事情を全て話し、親元で安心して休息できた人は
うつ病になってしまった自分を見て、親は失望するのではないか
という不安を乗り越える事ができています。

 

こうした経験は、今後会社に復帰した場合も、
職場の人たちが、うつ病になった自分をどう受け止めるのか
という不安に対しても、案外軽く乗り越える事ができるでしょう。

 

うつ病になり、回復段階にある不十分な自分を他人の目にさらすのは
ある意味とても勇気の要る事で、ストレスの元になりかねません。

 

陰で悪く言われているのでは?
仕事ができないと思われているのでは?
という余計な思いが社会復帰を遅らせる高いハードルになる場合があります。

 

そうしたハードルを低くする為にも
実家に戻り、親に全てをさらけ出して生活する事が必要です。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ