うつ病治療初期段階では

うつ病治療の初期段階においては、
休息すること
とにかくこれが一番重要です。

 

十分な睡眠と栄養を摂って、心と体を休めることが必要です。

 

しかし、うつ病の患者さん本人が、
休む事は怠ける事」という間違った考えをもってしまうと、
なかなかうつ病を回復させる事ができません。

 

休んでいる最中にも、無理矢理体を動かしたり、
友人と遊びに行ったりしてしまうと、
何ヶ月経っても症状が改善しないという事も有り得ます。

 

休むというのは、本当に「何もしない」というのが理想的です。
家でテレビを見る程度で、ゴロゴロして、
起きたい時に起きて、寝たいときに寝る。
うつ病治療の初期においては、そうした生活をすべきです。

 

こうしたひたすら休む期間は、最短で1ヵ月、症状が重い人の場合は
3ヶ月程度はかかるといわれています。

 

その間は、ひたすら寝ている状況が続くのですが、
この時期を過ぎると、本人の心の中から、
動きたい
という気持ちが、自然な形で少しずつ出てきます。

 

こういう気持ちになった段階で、ようやく運動できるようになります。

 

ただし、これも本人の気持ちが重要で
先に述べたように、たとえ、動きたいという意思を示したとしても、それが
早く職場に復帰したいから無理をしている
というケースではいけません。

 

まず、軽い運動としては、散歩からはじめるのが良いでしょう。

 

散歩をして帰ってきて、特に何の症状の変化も見られなかったら大丈夫ですが、
散歩をしていて、頭が痛くなったとか、吐き気がしてきたという症状が
見られた場合は、まだ運動は時期尚早だったといえるでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ