IT業界にうつ病の人が多い

最近はデスクワークというと、
ほとんどがパソコンに向かっての作業となっていますね。

 

特にIT業界などの、システムエンジニアやプログラマーといわれる人は
一日中パソコンの画面ばかり見ての仕事です。

 

外出する事もなく、体を動かす事もなく、
黙々と手だけを動かしている作業です。

 

こうした就業スタイルは、脳科学の視点からは多くの問題があります。

 

まずは、体を動かさないという事。
こうした業界では、どうしても長時間のデスクワークになりがちですので、
太陽の光を浴びることの多い外回りの営業マンや、
工事現場で働く人、宅配便の配達人、スポーツ選手などと比較すると、
どうしても運動不足になり、セロトニン神経が弱ってしまします。

 

そして、もう1つ問題なのが、仕事相手が人間ではない、ということです。

 

システムエンジニアなどは、一日中ひとりでコンピュータの画面と向かいあい、
コンピュータ言語で仕事をします。

 

社外の人間とのコミュニケーションも最近は電話ですることよりも
メールで行われることの方が多いでしょう。

 

こうした環境では、ノルアドレナリン神経だけが活発に反応する事になります。

 

ノルアドレナリン自体は、特に悪者というわけではなく、
正常な分泌量ならば、脳に適度な緊張をもたらし、
仕事をテキパキと進めるようにしてくれます。

 

しかし、過度のストレスにより、ノルアドレナリンが過剰に分泌されてしまうと、
脳の興奮が制御できなくなってしまいます。

 

こうしたノルアドレナリンによる脳の異常興奮は、
うつ病をはじめ、不安神経症やパニック障害、対人恐怖症などの
さまざまな精神疾患をもたらします。

 

IT業界にうつ病の人が多いのも
こうしたセロトニン神経の脆弱、ノルアドレナリン神経の過剰興奮
という面から考えると、とても納得できます。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ