ストレス時の体内の反応

外部からストレスを受けた場合、
それにより人間の心と体は、すぐにダウンしてしまうわけではありません。

 

ストレスに対抗する反応を体内で示し、通常の範囲内なら
持ちこたえることができるようになっています。

 

これは、外からストレスが加えられた場合、
それを押し戻そうとする力が内部から働くからです。

 

しばしばストレスをゴムボールに例えて表現しますが、
ちょうどゴムボールを指で押した時に、
ゴムボールが凹むと共に、内部の気圧が上がって、
元の形に戻ろうとする状態に似ています。

 

このゴムボールの例えのように、
ストレスが継続的に加わっている場合は、
体のほうでも抗ストレス反応を持続的に示し、
一定のバランスを維持しようとします。

 

これを自律神経系の反応で見てみると
交感神経の働きが優位になっていきます。

 

つまり、脳の中にある視床下部という場所がストレスを受け止めると、
そこから自律神経の中枢に情報が伝わって、
交感神経系から全身の臓器や血管に命令が下り、
血圧を上げたり、心拍数を高めたりする反応が生じます。

 

それに加えて、交感神経を介して、副腎髄質からノルアドレナリンが分泌されます。
ノルアドレナリンは、強い覚醒の力があり、集中力、記憶力を高める働きがあり、
それにより、人間の興奮性を高めて、ストレスに立ち向かう力となります。

 

こうした抗ストレス反応を体の内部で起こす事で
外から加わるストレスという圧力を内側から押し返し、
バランスを取っているわけです。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ