顕在意識と潜在意識

私たち人間には、顕在意識潜在意識という2つの心が備わっています。

 

先の記事では、上空100メートルにある幅50センチの板の例え話をしましたが、
この時私たちの心の中では、

 

「この板は渡れるはずだ」と考え、
渡ろうとする意志を持つ心があります。
これが顕在意識に相当します。

 

しかし、それに反して、
「怖くて渡れない」「落ちるかもしれない」
と感じてしまう別の心があります。
これが潜在意識です。

 

もし人間の心が顕在意識だけだったら、どうなるでしょう。
つまり、自分が望んだとおりに、何でも行動できる心だけを
持っていたらどうなるでしょう。

 

これはある意味で、とても素晴らしいといえるでしょう。
自分の望みどおりに何でも行動できます。

 

明るい気分になりたければ明るくなれます。
嫌な仕事でも喜んで取り組めます。
どんなに疲れていても、働きたいと思えば、バリバリ働けます。

自分の理想とする人間になることもできるかもしれません。

 

先の例で挙げた、上空100メートルにある板だって、
「渡ろう」と顕在意識で決めてしまえば、
スイスイ渡っていけるでしょう。

 

しかし、こうしたことは非常に危険でもあります。

 

疲労があってもバリバリ働き続けたら、
身体の方がもたず、いずれ過労で倒れてしまうでしょう。

 

上空100メートルの板だって、落ちてしまえば絶対に助かりません。

 

このように自分の顕在意識だけで物事を判断し、
行動する事は非常に危険なことです。

 

そうした危険を避けることが、潜在意識の一番大きな仕事です。

 

自分の表面的な意志に任せていると
生命の危機に及んでしまう事もあるからです。

 

潜在意識というのは、自分の生命を守るという防御本能に直結しているので、
非常に強い影響力を持っています。

 

心の活動に占める割合も、顕在意識が5~10%であるのに対して、
潜在意識は90~95%も占めていると言われています。

 

ですので、上空100メートルの板の上を、
「渡ろう」と顕在意識で思ったとしても、
「危険だ」と潜在意識が思ってしまうので、
足がすくんで動けなくなってしまうんです。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ