自律神経失調症の精神的な症状とは

自律神経失調症の症状は、身体的なものだけではありません。
以下のような精神的な症状もでてきます。

 

・眠れない
・落ち着かない、イライラする
・漠然とした不安を感じる
・感情の起伏が激しくなる
・集中力がない、気力がない

 

初期のうちは、胸がつかえる、めまいがする、手足がしびれる、などの
身体的な症状が目立ちますが、
病状が進行していくにつれて、上記に挙げたような精神的な症状が
現われてくるようになる、といわれています。

 

そして、さらに病状が進むと、神経症に近づいていきます。
ですので、なるべく早めに対処する事が必要です。

 

しかし、上記で挙げた症状は、私たちの普段の日常生活では、
決して珍しいものではありません。

 

何かストレスを感じたり、疲れたり、仕事やプライベートで
問題が発生した時には、誰でも経験する事です。

 

ストレス時には、誰にも起こり得る、人間として正常な反応です。

 

心が健康な人の場合は、休息したり、気分転換を図ることで元気を回復でき、
じきにこうした症状も治まっていくでしょう。

 

しかし、いつまでも消えずに長引いたり、しばしばこうした症状に苦しめられて、
日常生活に支障をきたすようになってしまった場合には、
自律神経失調症という診断が下されます。

 

自律神経失調症というのは、心と体のバランスが崩れる事によって起こる
病気なので、薬を飲んでも根本的な解決にはなりません。

 

自律神経失調症を根本的に治すには、"ストレスを溜める"という
心の問題を解決する事が必要になってきます。

 

 

自律神経失調症・パニック障害改善プログラム
この治療法を実践するにあたって、特別な知識や技術は一切必要ありませんし、
無駄なお金を支払ってまで、病院や治療院に通い続ける必要もありません。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ