抗うつ薬は医師に指示に従い適量を守る事で効果が得られる

抗うつ薬というのは、最初は少量から服用していき、
患者さんの容態に特に問題がなければ、
徐々に適切な量まで増やしていき、体に慣れさせていきます。

そして、適量を服用しながら、症状が改善していくのを確認し、
半年以上経過してからゆっくり薬の量を減らしていく、
という用い方をするのが一般的です。

このあたりの薬の量の加減というのは、
担当する医師によって違ってきますし、
また、患者さんのうつ病の程度によっても違ってくるものですので、
一概には言えませんが、2週間から1か月くらいかけて、
徐々に薬に慣れさせていく事が多いようです。

その際、途中で副作用が出る事もありますが、
耐えられる程度ならそのまま薬を増量していきます。

多少の副作用があったとしても、
必要量の抗うつ薬を服用できる状態にまで持っていき、
少しでも早くうつ状態を改善させる事の方が重要、
と判断される場合が多いです。
ID-10040082

抗うつ薬は飲む量を守らないと効果が得にくい

患者さんによっては、副作用を恐れて、
医師の指示よりも少な目に服用する人もいるようですが、
それではいつまでたっても症状は改善しません。

抗うつ薬というのは、その成分が一定の血中濃度を保つことで、
初めて効果が現れる薬です。

ですので、自分勝手に服用する量を減らしてしまっては、
血液中の濃度が低いままになってしまい、
十分な効果を得る事ができなくなります。

つまり、なるべく早く症状を改善させるには、
指示された量をキチンと服用しなければいけません。
ID-100129763
また、途中で薬の服用を止めてしまう人もいるようですが、
一度薬をストップすると効果が全くなくなってしまい、
また最初の少ない量からやり直さなければいけなくなります。

先に、抗うつ薬は血中濃度を保つことで効果が現れると書きました。

つまり、服用を止めると、抗うつ薬の血中濃度がゼロとなってしまい、
再開するには、副作用を考え再び少量から始める事になってしまい、
それまでの努力が無駄になってしまうんですね。

ですので、一旦服用を始めたら、途中で止めないようにしましょう。

また逆に、効果が現れないからといって、
勝手に服用量を増やすのも危険です。

抗うつ薬は量が多過ぎると、心臓に負担がかかる薬でもあります。

安全面や副作用の問題、及び薬の効果や症状の改善を天秤にかけた場合、
最も良い方法は、医師に指示に従ってキチンと服用する事となります。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ