うつ病克服と家族の信頼関係

軽度のうつ病なら本人がひとりで通院して治療を続けることもできますが、
重度のうつ病となると、家族のサポートが必要不可欠となります。

 

つまり、患者さん本人だけでなく、家族も一緒に治療に参加して、
うつ病についての正しい知識を勉強する事が求められます。

 

私の場合は、一人暮らしであり、しかも家族は遠方に住んでいるので、
サポートを受ける事ができず、ひとりで通院してなんとか克服していきましたが、
もし、家族が近くで見守ってくれていたら、どんなに心強かったでしょうか。

ID-10034444

うつ病は、他の身体的な病気と一緒で、治療が必要な病気であり、
決して「怠け心」や「わがまま」でサボっているわけではない事、
十分に休養しなければいけない事を家族の皆が理解してあげましょう。

 

家族がうつ病について正しい知識を持たないままでサポートをすると、
ただゴロゴロとしているだけ、気力も意欲も無くダラダラと過ごしているだけの
患者さんに対して、怒りや苛立ちを感じてしまうことも有り得ます。

 

そうなると、家族間の信頼関係も崩れてしまい、
それが患者さんへのストレスとなり、病気が更に悪化する原因にもなります。

 

本人は好き好んでゴロゴロしているわけではありません。
それがうつ病治療、克服への一番の近道だからそうしているわけです。

ID-100111995

ダラダラと過ごしている本人の心境としては、

こんな生活ばかりして、家族に見捨てられるのではないか
家族に心配ばかりかけてしまい、申し訳ない

という気持ちでいるはずです。

 

そうした気持ちに気づいてあげて、家族としては

どんな病気になっても、あなたの見方ですよ

という姿勢で見守り、安心させてあげる事が大切です。

 

家族の信頼関係がうつ病克服の重要な要素でもあります。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ