寝つきをよくする為に

生活習慣の乱れが日常化している場合、
自律神経のバランスが崩れやすくなっている為に、
寝つきに時間がかかってしまうこともあります。

 

これは交感神経が昂ぶっている為です。

 

交感神経を鎮めるためには、軽いウォーキングや体操、ヨガなどの
有酸素運動が効果的
ですが、
寝る前のハードな運動は逆効果になることもありますので、
体を動かすのも億劫、という場合は無理に行う必要はありません。

 

その代わりに、自分の好きな音楽を聴きながらボーッとするなど、
自分にとって最もリラックスできる習慣を毎日の生活の中で
ほんの数十分だけでも取り入れる事は良いでしょう。

 

寝る前に瞑想をしたり、呼吸法を試したりして
寝つきをよくする事も効果的
です。

 

日常的に睡眠不足に陥っている人の場合、
休日になると昼過ぎまで寝ているというケースも多いです。

 

実際、うつ病になってしまうと、
昼過ぎまで寝ていたとしても、夜になってもまだ眠る事はできますが、
健康な状態では、昼夜逆転となってしまい、
夜に眠れなくなり、翌日の朝に支障が出てしまいます。

 

休日であってもできれば午前中に起きて、
日中に軽い運動をしながら、夜の寝つきをよくすることを心がけたいですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ