自律訓練法のやり方、第3~第4段階

引き続き、自律訓練法のやり方を説明します。

 

「訓練の方法」

③第3段階—心臓の調整を行う

今度は、心臓の鼓動に神経を集中します。
まず、左胸全体に注意を向け、心臓の鼓動を感じます。

 

うまく感じ取れない場合は、
右手を左胸にそっと置いてみるのも良いでしょう。

 

鼓動を感じ取ったら、
気持ちがとても落ち着いている
と心の中で暗示をかけます。

 

それから、
心臓が静かに規則正しく鼓動している
と心の中で2~3回繰り返します。

 

 

 

④第4段階—呼吸調整を行う

次に、呼吸を楽にする訓練を行います。

 

これまでの段階で、暗示を与える時に、
深くゆっくりと呼吸をしながら行いますが、
この段階では、それを集中的に行います。

 

呼吸に合わせて、鼻から空気が出入りしている感覚、
呼吸に合わせて、お腹が出たりへこんだりしている感覚に注意を向け、
それらを静かに感じ取るような気持ちを持ちます。

 

息を吸うときには、
すがすがしい空気が鼻から入って、肺の隅々まで新鮮な空気が行き渡り、
とても気持ちがいい

 

息を吐くときには、
肺の隅々に溜まっていた空気が、全て吐き出されていく
と心の中で繰り返しつぶやきます。

 

この後、第5段階~第6段階へと進みますが、
それは次回以降に説明します。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ