治療中はどうやって過ごすのか?

治療の為に休職や休学をして、自宅で療養する場合
どのように過ごせばいいのでしょうか?

 

まず、うつ病の時には、考え方が悲観的になっています。
退職や退学、離婚や別居など、自分の人生を左右するような
選択をこの時に行うと、後々後悔することになりかねません。

 

このような重大な決断、大きな判断などは先送りにして、
病気が回復してから考えましょう。

 

また、基本的な生活スタイルとしては、
家でのんびり過ごすことになります。

 

気分転換を考えて、休養中に旅行やレジャーなどに出かける人もいますが、
これはあまりお勧めできるものではありません。

 

休職中の人は、
「会社を休んでいるのに、自分だけ楽しく遊ぶ事なんてできない」
と罪悪感を抱いてしまうこともあります。

 

また、朝夕の通勤ラッシュや登下校の光景を見てしまうと、
自分だけ取り残されてしまったように感じて、
落ち込んでしまう事もあります。

 

気分が安定してない時期には、なるべく遠出は避けて、
自宅の中でゆっくり静かに過ごしましょう。

 

そして、気分が安定してきたら、軽いスポーツで身体を動かすと、
気分転換になることが多いです。

 

スポーツは軽めのものなら何でもいいです。
ウォーキングやヨガ、ストレッチ程度でもいいです。
また、何か趣味で水泳やテニスなどのスポーツをやっていた人なら
そういったもので軽く身体を動かしてもいいでしょう。

 

こういった適度な運動は、脳内の神経伝達物質の機能を改善する効果が
あると考えられているので、回復期に入ったら運動をすることをお勧めします。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ