うつ病とリズム運動

うつ病の改善にはセロトニン神経を活性化させなければならず、
その為には、太陽の光を浴びる事が必要です。

 

しかし、現代社会では、その人の生活スタイル、さまざまな事情により、
規則正しく生活し、太陽の光を浴びる事のできない人もたくさんいます。

 

例えば、太陽の光を浴びたくても、北の地域に住んでいる人などは、
冬になると雪が多く、なかなか太陽が姿を現すような好天に恵まれない事も多いです。

 

また、カーテンを閉め切った部屋の中で、一日中仕事をしていて、
毎日パソコンに向かい合っているだけという人もいるでしょう。

 

ちなみに、うつ病改善に必要な明るさというのは、2500ルクス以上とされており、
晴れた日の太陽光には、これ以上の十分な明るさがありますが、
デパートや百貨店などの照明は、1000ルクス以下、
事務所などの蛍光灯では、500ルクス以下となっており、
十分な明るさとはいえません。

 

こうした事情を考慮し、どうしても太陽の光を浴びる事ができない、という人は、
セロトニン神経を活性化させるためのもうひとつの方法である、
リズム運動」を行う習慣を身につけるようにしましょう。

 

たとえ太陽の光を浴びる事ができなくても、
リズム運動を毎日の生活で取り入れるだけで、
ストレスは解消され、生活が大きく変わる可能性もあります。

 

では、そのリズム運動というのは、どういうものかというと、
一定のリズムを刻みながら体を動かす事」です。

 

一定のリズムを刻んでいる事なら何でもいいです。
動かす体の部分もどこでもいいです。

 

リズム運動というのは、さまざまなものがありますので、
自分の生活に合ったものを選んで、毎日の習慣として取り入れて欲しいです。

 

具体的には、どういうものがあるのかというと、
ウォーキング、ジョギング、マラソン、サイクリング、
水泳、エアロビクス
などなど。

 

一定のリズムを刻みさえすればよく、激しさは関係ありません。

 

こうした運動系以外にも、もっとお手軽にできるものでは、
ゆっくりとしたリズムで行う腹式呼吸、
ヨガや太極拳、そして座禅

もっと簡単なものでは、ガムを噛むという咀嚼行為もリズム運動です。

 

こうしたリズム運動を最低5分間行えば、
脳の中でセロトニン神経が活性化され、
セロトニンの分泌量が増えることがわかっています。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ