東京タワーの展望台にある透明床に立てますか?

昔、東京タワーへ行ったことがあったのですが、
そこの展望台には透明な床がありますよね。

 

みなさんは、あの透明な床の上に立てますか?

 

地上からの距離は、どのくらいあるんでしょうか。
確か150メートルくらいだったと思いますが、
透明な床から、下を覗くと人や車が点のようにしか見えませんね。

 

正直言って、私はあの透明床の上に立つことができませんでした。
ちょっと覗くだけで精一杯です。
覗くだけで気を失ってしまうような感覚になってしまいます。

 

人によっては平気で立てたり、ジャンプも出来る人もいますが、
私からしたらジャンプなんてとんでもないです。

 

その時の私の心と身体は、どういう状態だったんでしょうか?

 

透明の床が壊れる事は絶対にない、と頭の中では当然理解しているはずなのに、
立つことができないんです。

 

どうしても体がいう事を聞いてくれません。

 

自分自身にどんなに安全であるか言い聞かせても、
どうしてもそこから落ちてしまうイメージを持ってしまいます。

 

怖くて仕方ありません。
足が震えてきて、心臓がドキドキしてきますし、目もクラクラしてきます。

 

頭の中で分かっていても、理論的な正解を導き出したとしても、
だからといって、体が自分の思っているとおりに動いてくれるとは限らないんです。

 

このような強い恐怖感を、「ストレス」という別の言葉で置き換えることができます。
つまり、人間の心や体は、強いストレスを受けると、
自分の思うように動いてくれないんです。

 

今回は、透明床という極端な例で説明しましたが、
日常生活でも、仕事上のトラブル、近所との人間関係などストレスを受けていると、
自分の心と体は、自分の思うとおりに動いてくれなくなる
可能性があるという事です。

 

それが先の記事でも書いたように、
自律神経の制御がうまくいかなくなり、意味もなく心臓がドキドキしたり、
落ち着かなくなったり、気力が湧かなくなったりする、などの
症状として現われてくるようになっていきます。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

2ヶ月間うつ病改善プログラム

このページの先頭へ