お酒に頼らない

自分の頑張りに対して、自分でご褒美をあげることは
心にはとても良い事です。

 

前から欲しかったものを買うとか、休暇をとるとか、何でもいいのですが、
お酒を目一杯飲む、というのだけはやらない方がいいです。

 

嬉しい事があるとお酒を飲み、イライラやストレスを感じた時にも、
お酒を飲んでしまう人は、酒量をチェックしておきましょう。

 

お酒の量とストレスとは正比例することが多いです。
もしかしたら、酒量の増加はストレスの激増の表れかもしれません。

 

このような場合は、苦しくてもお酒を控え、
原因となっているストレスの解消に全力をあげないと、
アルコール依存症になってしまう危険性もあります。

 

一旦アルコール依存症になってしまうと、
その治療は並大抵の苦しさではありません。

 

肝臓病などの他の病気も併発してしまう事も少なくない為、
うつからアルコール依存症になってしまわないように注意しましょう。

 

すなわち、「もしかしたらうつ病かも?」と感じたら、
お酒はしばらく控えた方がよいです。

 

憂うつな気分を晴らす為に、お酒を飲むのは間違っています。
アルコールには一時的に気分を高揚させる働きはありますが、
もちろん、うつを改善する効果はありません。

 

それどころか、酔いが覚めると、一層落ち込んだりします。

 

早く眠りたいからといって、お酒を飲むのも間違いです。
アルコールは睡眠のリズムを崩したり、睡眠自体を浅くする為、
かえって睡眠の質が低下してしまいます。

 

抗うつ剤を服用している時にも、もちろんアルコールは控えます。
薬の効能が見込みどおりにいかず、適切な治療が行えなくなってしまいます。

 

お酒は心身ともに正常な時に、適量楽しむのが一番です。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ