うつ病になると嗜好性の変化もみられる

うつ病とは、気持ちの落ち込みという精神的な症状が最も強く表れてきますが、
それ以外にも様々な嗜好性の変化がみられる事もあります。

 

例えば、
それまで楽しみにしていた趣味スポーツに対して興味が無くなってきたり、
積極的に参加してきた活動にもやりがいや喜びを感じられなくなってきます。

 

今まで気分転換に楽しんできた野球やサッカー、ゴルフなども
疲れるだけで全く楽しむ事ができません。

 

旅行に行ったとしても、周りに見えるもの全てに興味を持てなくなって
つまらなく感じてしまいます。
ID-100172338

また、性的関心も低くなって、
性欲が減退するのも特徴の一つとして上げられます。

ID-10076440

それから、味覚の変化が起きることもあります。

今まで大好きだった食べ物が食べたくなくなったり、
何を食べても美味しく感じられなくなったりします。

 

その結果、食欲不振に陥り、体重が減っていく事もあります。

 

また、それとは反対に、甘いものなどの特定の食べ物ばかりを
むやみやたらに食べて、食欲過多になっていくタイプの人もいます。

ID-10061323

以上まとめると、

趣味やスポーツへの興味の減退

性的関心の低下

食欲不振、食欲過多

このような嗜好性の変化が見られた場合も、うつ病の可能性があります。

これらは、気持ちの落ち込みと共に注意しておきたいチェック項目ですが
本人自身はうつ病であると自覚していない事も多いので、
一番身近な存在である妻や夫が気づいてあげるべきですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ