神経症性不眠症

仕事の事が気になって、夜になってもなかなか眠る事ができない。
眠ろうとすればするほど、目が冴えてしまってますます眠れなくなる。

 

こうした睡眠障害は、神経症性不眠症といえるでしょう。

 

不眠状態が続けば、逆に日中眠くて仕方がない、
心身ともに疲れやすくなる、
など、日常生活や仕事上にも支障をきたす事となり、
深刻なケースに発展してしまう場合もあります。

 

これは、昼間活動して、夜休息する、という体内のリズムの調整に
重要な役割をはたしている自律神経が、失調状態になっているといえます。

 

自律神経のバランスが崩れてしまうと、
夜寝ようとしても、体が眠るのに適した状態に
切り替わらなくなってしまいます。

 

つまり、交感神経から副交感神経への切り替えがうまくいかず、
交感神経が緊張した状態が続いているということです。

 

こうした症状を引き起こす原因の1つに
精神的なストレスが挙げられます。

 

仕事や勉強、家庭環境などの心配事や不安などが蓄積していくと、
精神的に緊張した状態が続いてしまい、それがストレスとなって
自律神経を失調させ、その影響で活動と睡眠のリズムが崩れてしまう、
というわけです。

 

こうした症状を克服し、快適な睡眠を得る為には、
気分転換や日常生活の改善が必要となってきます。

 

「一晩くらい起きていてもいいや」という開き直った気持ちになったり、
昼間適度な運動をしたり、夜にはコーヒーや紅茶を控えたり、
体にあった枕を使うようにする、とか
いろいろ工夫してみる事をお勧めします。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ