神経性胃炎、十二指腸潰瘍

ストレスが引き起こす消化器系の代表的な症状に
神経性胃炎が挙げられます。

 

これは、胃のもたれや胃の痛み、吐き気などの症状が強いのに、
病院での内視鏡検査などでは、粘膜の軽い炎症程度しか見られず、
原因として、ストレスが考えられる場合に
神経性胃炎と診断される事が多いです。

 

胃下垂の人に比較的良く見られる症状といわれていますが、
ストレスにより自律神経のバランスが崩れてくると、
胃の活動の機能がうまくいかなくなってしまい、
胃の収縮が急に強まって、いわゆる胃痙攣を起こしたり、
逆に、蠕動が乱れてしまって胃もたれを引き起こしていると考えられます。

 

こうした症状はストレスが原因であるので、
検査で異常がないと、医者に説明される事により、
人によっては安心して症状が良くなることもありますが、
逆に、診断を疑ってしまい、ますます不安になり、
症状がひどくなる人も少なくないそうです。

 

また、十二指腸潰瘍もストレスが引き起こす消化器系の代表的な
症状といえるでしょう。

 

みぞおち辺りに痛みを伴うことが多く、
特に空腹時に痛むのが特徴です。

 

その他、背中の痛み、胸やけ、ゲップ、
ひどい場合は、吐血、下血などの症状を伴うこともあります。

 

こうした症状はピロリ菌という細菌感染も考えられるので、
心配な場合は、一度専門医に診てもらった方がよいでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ