うつ病克服のヒントに

以前はうつ病の原因は、主に性格やストレスによるといわれていましたが、
最近では、脳の機能に障害が起きているのではないか、
という事が解明されてきました。

私たちの思考や感覚は脳の神経細胞に働きによって生まれます。
その神経細胞に信号を流す役割をしているのが神経伝達物質と呼ばれるものです。

うつ病というのは、この神経伝達物質の中のセロトニンとノルアドレナリンが
減少してしまっている状態
だというのが、現在有力になっている説です。

つまり、「やる気」を伝達する物質が少なくなっている状態です。
この状態になると、「気分が落ち込む」「何もする気にならない」「全身がだるい」
などの症状があらわれるようになります。

これは自分の意思ではどうにもならない状態です。

うつ病に関して理解がない人は、
「気持ちをしっかり持てばなんとかなる」「努力が足りないだけ」などと
言ったりしますが、これは間違いです。

脳の機能の問題ですから、気持ちの持ちようで解決する問題ではありません。
本人が普段どおりの生活をしたくても、心と身体がいう事を聞いてくれないんです。

うつ病は心と身体の両方に症状があらわれる病気です。
人によってあらわれる症状も異なってきます。

このブログがあなたのうつ病克服のヒントになってくれたら嬉しいです。

憂うつな気持ちを具体化、細分化して解決策を見つけやすくする

誰だって心に問題を抱えている時には 視野が狭くなってしまうものです。 そして、問題点を多角的に分析する事ができずに、 一方的に思い詰めてしまいがちになります。 特に、うつ病の症状が出ている人は、 自分の抱えている問題点に・・・

あなたには「認知のゆがみ」で否定的に考えるクセがついていませんか?

img14080701

うつ病にかかりやすい人は物事に対してネガティブに考える“クセ”があります。 状況、場面、物事に対して、事実とは違う、自分の感情だけで判断する為に、 「認知のゆがみ」が起きてしまいます。 自分の心の・・・

うつ病特有の「認知のゆがみ」チェック

うつ病にかかりやすい人、もしくは既にうつ病にかかっている人は 物事を否定的・悲観的に考える思考パターンになっている人が多いです。 これは専門的には「認知のゆがみ」と言われているものですが、 思考パターンというのは、 その・・・

プチ認知療法~悲観的に考えるクセを修正する事でうつ病を改善

私達は生きていく過程でいろんな出来事に遭遇しますが、 そうした出来事、物事、体験、つまり外界とのやり取りというのは それを「そのまま」「ありのまま」に受け止めている訳ではありません。 どういう事かというと、人間は必ず &・・・

うつ病になりやすい間違ったコミュニケーションパターン

仕事中でも家庭内でも、どこかのコミュニティーに属しているならば、 必ず自分以外の人間とコミュニケーションをとらなければいけません。 しかし、そのコミュニケーションの方法が不適切だと、 対人関係上の問題、トラブルも起こりや・・・

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ