精神的ストレスは身体的ストレスで解消

精神的なストレスは、そのまま溜め込んでしまうと、
心だけにとどまらず、体にも悪影響を与えてしまいます。

 

例えば、胃潰瘍や高血圧などの症状が出ることは
今では一般的に知られている事でしょう。

 

ですので、できるだけストレスを溜め込まないように
工夫しなければいけないのですが、
だからといって、ストレスの元になるようなことを
気にしなければいい」とか、
心配しなければいい」とか、
そんな単純なことでは解決できません。

 

そんな気持ちの持ちようで、変わることが出来るのなら、苦労はしないです。

 

ですので、ストレスが溜まっていると感じたら、
そのストレスを別のものに転換する、という方法が効果的です。

 

つまり、精神的なストレスを身体的なストレスを利用することで
脳にだけ集中していたストレスを体全身に拡散させ、
結果的に元のストレスが軽くなるようにしたほうが良いでしょう。

 

例えば、仕事でずっと座ってパソコンのキーボードを打ち続けていると、
脳にストレスを感じ、手や肩も同じ姿勢で動かさないため、ストレスを感じます。

 

そのような時は、休憩中には散歩に出かけたり、
昼休みなら軽い運動をする事で、疲労感が取れることがよくあります。
休み中だからとってボーっと寝ていても、疲労感はとりづらいです。

 

上手なストレス解消、気分転換の仕方は、あることを一定時間やったら
次に別のことを一定時間やって、ストレスを受け流すことです。

 

自分がどういうものにストレスを感じやすいかを知って、
事前にいろいろなストレス解消法を準備しておき、
その場で対応できるようにしたいですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ