抗うつ薬の効果

うつ病治療には、抗うつ薬という薬を服用することになります。

 

この抗うつ薬とは、脳に働きかけて、
セロトニン、ノルアドレナリンなどの
神経伝達物質の機能を回復させる作用を持つ薬
のことです。

 

ニューロンと呼ばれる神経細胞間の情報伝達をスムーズにすることで
憂うつな気分や集中力の低下、食欲不振や、不眠、
不安感や苛立ちなどの症状が改善されます。

 

現在日本では、抗うつ薬をドラッグストアなどで
買うことはできません。
病院やクリニックなどを受診して、
医師の診断に基づいて薬を処方してもらうことになります。

 

普段からあまり薬を飲まない方には、治療の為とはいえ
何ヶ月も薬を飲み続けることに抵抗を感じるかもしれません。

 

「薬に頼るのは自分に負けたようで嫌だ」、
「一生薬漬けになるのでは」
というような不安を感じて、抗うつ薬を飲みたくなくて
受診を躊躇している方も少なくないそうです。

 

確かに、抗うつ薬には、程度の差はありますが、
便秘、鼻づまり、動機、排尿困難など
さまざまな副作用があらわれるデメリット
もあります。

 

それでも服用を勧めるのは、
うつ病の症状を緩和できるメリットの方が上回るからです。
医師の指示を守り服用をすれば、依存や中毒などの心配は
ないので、安心しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ