頑張っている自分にご褒美を与えて心身のリフレッシュを

私を含めて、うつ病になってしまう人のほとんどが

もっと頑張らなければ
もっとしっかりしなければ

と自分で自分自身を追い込んでしまっています。

時と場合によっては、自分に鞭打つ事も必要にはなりますが、
毎日ずっとがむしゃらに働き続けていると、
いつかは精根尽き果ててしまいます。

自分の心と体を守るためにも、自分自身を大切にして、
ときには、”休息“や”楽しみ“というような自分へのご褒美をあげる事も重要です。
ID-100280978

しかし、休息をとる事や自分自身へご褒美をあげる事に
抵抗を感じる人もいますね。

どうやらこうした事を「甘え」とか「無駄」と解釈してしまっているようです。

しかし、よく考えてみて下さい。

うつ病になってしまったのは、もしくはうつ状態になりかかっているのは、
ストレスを抱えながら、無理に働き続けた結果であるはずです。

働き続けて病気になり、その結果、家族にも職場にも迷惑をかけてしまっては、
本末転倒ではないですか?

自分の心と体を大切にしながら、ストレスを管理していく事が
社会人としての責任であるはずです。

無理に働き続けるのが立派な社会人ではありません。
自己管理をしっかりして、家族にも職場にも必要とされる、
バランスの取れた生活を送れる人が立派な社会人だと思いませんか?

無理にではなく自分の好きな事をやる

うつ病を防止するには心身をリフレッシュさせる事が必要です。

しかし、心身をリフレッシュさせる方法は人それぞれです。

中には、旅行をするのが好きな人もいるでしょうし、
ゲームをやるのが好きな人もいるでしょう。

もちろん、趣味嗜好は人によって違ってきますので、
行きたくない旅行を無理やりする必要はありませんし、
やりたくないゲームを無理やりする必要もありません。

また、

何かしなければいけない
何か趣味を持たなくてはいけない」

と思う事がかえって負担になってしまうケースもあります。

リフレッシュさせる方法、趣味、というのは、
もたなければいけないものではありません。

自分が本当に好きな事を見つけて、それに応じた方法で
ストレスを解消できれば何でも良いんです。

家でぼんやり過ごすのが何よりのリフレッシュ方法ならそれで構いませんし、
漫画を読むのが好きならそれでも構いませんし、
適当に散歩するのが好きならそれでも全然構いません。

あなたにとって最も心が安らぐ時間を作る事が自分自身へのご褒美となります。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ