うつ病の治療には医師との信頼関係が必要ですが、、、

病院でうつ病の治療を受ける場合、
どのような医師に診てもらう事になるのか気になる人も多いでしょう。

うつ病という今までかかった事のない病気の治療ですから、
できるなら、信頼できて自分にとって相性の良い医師に診てもらいたいですね。

病院を探す場合、インターネットで調べたりすることもあると思いますが、
中には、口コミや掲示板などで、実際に利用している、
もしくは、過去に利用していた人の感想なども書かれていることもあります。

そうした意見を参考にすることもできますが、
実際には医師と会って診てもらわないと分からない面も多いです。

他の患者さんにとって、とても良い医師であっても、
それがあなたにとって、必ずしも良い医師であるとは限りません。

あなたと医師との相性の善し悪しは、
やはり、実際に診てもらって、会話をしないと分かりませんからね。

a0001_014077

その際、できるだけ心を開くことができて、
何でも話せるような医師に診てもらうのがベストです。

あなたや家族と医師の間に垣根のようなものがあって、
素直に心を開くことができない、話しづらい、
疑問に思った事を素直に聞けない、
といった雰囲気で、あなた自身がひどく疲れるようでは、
望ましい関係とはいえず、治療を続けるのも困難となります。

そのような場合には、別の病院へ行って別の医師を探した方が良いでしょう。

ただし、自分に合った医師を探す事ばかり重視して、
肝心の治療が遅れるようでは本末転倒です。

ID-10063052

ドクターショッピングという言葉をご存知でしょうか?

A病院での治療に満足できず、次にB病院を受診し、
そこでの治療でも満足できず、更に、C病院を受診する、
といったように、
患者さんが医師への不平不満から、
もっと良い病院を探し求める行為の事を言います。

うつ病というあまり身近でない病気の場合、
患者さんやその家族の意向によっては、
5回も10回も医師を変える事もあるそうです。

ここまで変えてしまうと、それは患者さんやその家族自身に問題があります。

ある程度は妥協して、ベストではなくても、ベターな相性なら
それで満足して、本来の治療に専念すべきです。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ