自律神経はバランスが大切

人間の体の中の臓器、器官には、交感神経と副交感神経が
二重に分布していて、体の状況に応じて自動的に調整しあい、
それぞれ相反する働きをしながら、体の機能をコントロールしています。

 

交感神経は、昼間優位になり、活動する神経といわれていて、
主に体が活動しやすいように働いてくれます。

 

それに対して、
副交感神経は、夜間優位になり、休む神経といわれていて、
臓器や器官の働きをリラックスさせて、
エネルギーを保存する働きをしてくれます。

 

例えば、急に驚いた時には、
交感神経が興奮、緊張して、心臓の鼓動を速め、
血管を収縮させて血圧を上げる方向へ作用し、
いざというときの為に、直ぐに動けるように体を反応させます。

 

そして、何事もなければ、
そのような状態になっている必要はないので、
自動的に副交感神経にスイッチが切り替わって
今度は副交感神経が優位の状態になり、
心臓の鼓動を遅くしたり、血管を広げて血圧を下げるように
体を反応させます。

 

胃の働きはこれとは逆で、
交感神経が緊張すると鈍くなり、
副交感神経が緊張すると活発になります。

 

ですので、副交感神経が優位になる夜間になると、
消化器系の働きが活発になっていきます。

 

このように交感神経と副交感神経が
お互いにバランスをとりながら作用しあう事で
人間の体は正常に機能しているといえます。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ