セロトニン神経活性化の為の呼吸法

呼吸というものは、普段何気なく行っているので、
呼吸法というと、皆さん軽く考えてしまいがちですが、
正しく行えば、セロトニンン神経の活性化につながる
有効なリズム運動のひとつです。

 

普段の呼吸をリズム運動に変える最大のポイントは、
腹筋の収縮を意識して行う、ということです。

 

お腹を出したり引っ込めたりして行う呼吸を腹式呼吸というのは
ご存知だと思いますが、この腹式呼吸には、
横隔膜呼吸」と「腹筋呼吸」の二種類あります。

 

この2つの呼吸は、見た目には似ているのですが、
体の中で使われる筋肉は、全然違っています。

 

そして、セロトニン神経の活性化に有効なのは
腹筋を使って行う腹筋呼吸の方です。

 

2つの呼吸法の違いを明確にする為に、
まずは、横隔膜呼吸の方から説明します。

 

お腹を使って呼吸をする場合、
たいていの人は、最初にお腹を膨らませながら息を大きく吸い込みます。

 

このように、通常のフラットな状態から、横隔膜を意識的に下げる事で
肺の容量を広げて、呼吸の量を増やすのが横隔膜呼吸です。

 

つまり、横隔膜呼吸で意識するのは、最初に息を大きく吸う事です。
大きく息を吸い込めば、吐く事は意識しなくても自然に行うことができます。

 

これに対して、腹筋呼吸法とは、
まず最初にフラットな状態から、息を吐くことから始めます。

 

めいっぱい息を吐いて、これ以上は吐けないというところまで息を吐くと、
吸う事は意識しなくても自然と行われます。
これが腹筋呼吸法です。

 

ヨガなどをやったことがある人は、経験しているかもしれませんが、
動きと同時に行う呼吸は、最初に息を吐く事から始める場合が多いです。

 

これも腹筋呼吸法であり、リズム運動のひとつです。

 

意識するのは、「最初に息を吐く事
それだけですので、慣れてしまえば誰でも簡単にできます。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ