太陽とともに生活する

人間というのは、太古の大昔から、ほんの100年ほど前までは、
朝、太陽が昇れば起きて、太陽が沈めば休む、
という生活をずっと続けていました。

 

そして、人間の体もそういう生活スタイルに合わせて、
何百万年という長い年月をかけて作り上げられたものです。

 

自律神経の交感神経と副交感神経の交替サイクルや
脳の覚醒と睡眠のサイクルといった、
人間の体にとって重要な機能のスイッチングが
光信号によってなされているというのは、
人間が長い間、太陽が昇ったり沈んだりするという
自然の当たり前の現象により作り上げられてきた機能です。

 

ですので、人間の体にとっては、そうした規則正しい生活をすることが
心身には一番良い事です。

 

不規則な生活や昼夜逆転の生活が可能になったのは、
電球が発明されて以降、電灯の普及によって夜でも明るい生活が
できるようになってからです。

 

人間の歴史数百万年に対して、たった100年程度のものです。

 

それまではどんなに仕事が忙しくても、夜になったら暗くなってしまうので、
仕事を続ける事はできません。

 

寝るしかなかったんです。

 

江戸時代まではそうした生活を当たり前にしていました。
一応、ローソクとか行灯などはあったそうですが、
とても高級品で、一般庶民には日常的に使えるような物ではなかったそうです。

 

しかし今では、人工的な明かりによって、
どの時間帯でも仕事ができてしまいます。

 

私たちの生活環境というのは、ここ100年ほどで劇的に変化しています。
しかし、長い年月をかけて作られた人間の身体のシステムは
そう簡単に変わる事はできません。

 

どんなに生活環境が変わってしまっても、今でも人間の体というのは、
太陽の光とともに活動して、太陽が沈んだら休むことを前提に、
全ての機能が整っているという事を意識しなければいけません。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ