最大のストレスは「孤独」

感覚遮断の実験」という心理学では有名な実験があります。

 

これは、音も光も全く入らないような部屋に被験者を長時間閉じ込めて、
その様子をモニターするという実験です。

 

時には、ベッドに寝かせたまま、耳栓をして、アイマスクをして、
部屋を暗くして長時間そのままにしておくそうです。

 

普段仕事で忙しく、毎日残業で自分の時間も取れないような多忙な人を
このようにな実験に参加させたらどうなると思いますか?

 

最初のうちは、どの被験者も安心してぐっすり眠る事ができるそうですが、
そのうち落ち着きがなくなり、部屋の中をうろうろ歩き回ったり、
最後には叫び出す人もいるそうです。

 

個人差はありますが、実験の結果、
多くの人は100時間以内に幻覚まで見るほどになります。

 

この実験から分かるように、人は静かな環境に1人でポツンと置かれると、
それがかえってストレスになってしまいます。

 

そういう孤独な環境では、過去の失敗や嫌な経験が次々に頭の中をよぎっていき、
自分の内面に向き合わざるを得なくなります。

 

そうなると余計に不安が増してしまい、ストレスが溜まり、限界を超えると
幻覚まで見るようになります。

 

ひとりでいる方が好き、ひとりになりたいと思っている人も多いですが、
そういう人でも、目や耳から全く刺激が入ってこない生活を
望んでいるわけではないはずです。

 

常に何かしらの刺激を受け続けていないと耐えられないはずです。
最大のストレスは「孤独」ともいえるんですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ