慢性疲労症候群

過度のストレスは、視床下部のホルモンや自律神経の中枢に
悪影響を与えて、免疫系の働きを低下させてしまいます。

 

精神的なストレスが大きくなくても、
何かの原因で自律神経のバランスが崩れると、
免疫系の働きも崩れてしまいますし、
その逆に、免疫系の働きが崩れてしまうと、
自律神経のバランスが崩れてしまう事もあります。

 

こうして免疫系の働きが低下してしまうと、
ウィルスなどへの抵抗力の低下、
アレルギーや自己免疫反応などが起こって、
さまざまな症状が現われてくる可能性があります。

 

例えば、疲労感や微熱などが続く、慢性疲労症候群もそうです。

 

慢性疲労症候群になると、
日常生活ができないくらいの強い疲労感に襲われます。

 

これといった原因がないにも関わらず、ひどい疲れが続き、
朝起き上がれない、起きたとしても体を支えている事が
困難なほどつらい状態になってしまいます。

 

その他の代表的な症状としては、
・微熱、悪寒
・喉の痛み
・リンパの痛みを伴う腫れ
・頭痛
・うつ状態、思考力低下などの精神神経症状
・不眠などの睡眠障害
などが挙げられます。

 

こうした症状が出ている場合は、病院へ行って診てもらう事が必要です。

 

また、会社でも無理は禁物です。
症状が回復するまでは、業務を短縮してもらい、
しばらく休養をとることも考えなければいけないでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ