筋緊張性頭痛

特に何か特別な事をしたわけでも無いのに、
コリや頭痛などが続くと、不安になってしまい、
どこか内臓などが悪いのではないかと心配して
病院で診てもらう人もいます。

 

しかし、検査をしても異常がなく、
仕事などでの普段の姿勢にも問題が無い場合は、
精神的なストレスが原因である場合が多いです。

 

こうしたことも自律神経失調症の1つといえます。

 

精神的ストレスの影響で交感神経が過度に緊張してしまって
筋肉が収縮、緊張し、同時に血管も収縮する為に
その部分がうっ血して乳酸などの疲労物質が増えて、
コリや痛みなどを引き起こしていると考えられます。

 

普段していない運動をしたり、
なれない作業をした場合に起こる筋肉痛や肩こりなどは、
原因が分かっているので、それほど気にならないです。

 

しかし、日常生活において、
特に思い当たるような事をしていないにも関わらず、
肩コリや首のコリが続いたり、頭が重たいような鈍痛を感じる、
頭が締め付けられるような痛みを感じるような時には、
筋緊張性頭痛を疑った方がよいでしょう。

 

これは、精神的なストレスが引き金になって、筋肉が緊張している為に、
コリや痛みを引き起こしていると考えられます。

 

神経質で真面目で几帳面、気分転換などを上手にできない人に
よく見られる症状です。

 

時間帯的には、午前中よりも午後から夕方にかけて
症状が現われることが多く、ストレスが溜まる状況になると
さらに悪化しやすくなります。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ