自律訓練法の準備段階

自律訓練法というのは、呼吸を整えて精神の活動をコントロールし、
ストレスを緩和する方法として、広く用いられています。

 

何も病院だけで行われる特殊な技法などではなく、
一般的に知れ渡っている方法ですので、ネットで調べても
普通に知る事ができます。

 

この自律訓練法は、非常にシステマティックな構成になっていて、
行うことがパターン化されていますので、
順を追っていくうちに、誰でもごく自然に、ストレスから解放され、
くつろいだ精神状態を取り戻す事が出来るようになります。

 

もし、自律訓練法を今まで知らなかったという人は
一度試してみる事をお勧めします。

 

慣れてくれば、どんな環境でも行うことができるようになりますし、
ストレス、緊張の軽減に役立ちます。

 

「準備段階」

訓練に入る前に、練習環境を整えておきます。

 

できるだけ落ち着いた場所で行います。
部屋は騒音がなく、適度な明るさの照明があり、暑すぎず、寒すぎないこと。

 

しかし、慣れてくれば、移動中の電車の中などでも
簡単にできるようになります。

 

洋服はどんな格好でも構わないですが、多少汗をかくかもしれないので、
カジュアルなものが良いでしょう。

 

そして、ネクタイやベルト、時計などの体を締め付けるようなものは
外すか緩めておきます。

 

靴も脱いで構わない状況ならば、脱いだ方が良いでしょう。

 

途中で意識が他に行かないように、排尿、排便なども済ませておき、
お腹が減っている時や、逆に食後まもない時や、満腹時も避けておき、
なるべく落ち着いた状態になっておきましょう。

 

以上が、自律訓練法を行う前の準備です。

 

この後、「訓練時の姿勢」「訓練の方法」と進みますが、
それは次回以降に説明します。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ