老人のうつ病と痴呆症の違い

老年期の初期にうつ病にかかってしまうと、
周囲からすると、痴呆症と勘違いしてしまう可能性もあります。

 

例えば、物忘れがひどくなったり、自分の今いる場所が分からなくなったりと、
うつ病でも、痴呆症と同じような症状が現れてきます。

 

こうなると、家族も、そして本人も
とうとうボケが始まってきた
と思い込んでしまい、うつ病の治療が遅れてしまうケースもあるようです。

a0001_000356

うつ病による記憶力の低下は、本当の痴呆症とは違って、
きちんと治療を行えば、改善されるものです。

 

ですので、痴呆症と決め付けるのではなく、
うつ病の可能性も考えて、しっかりと両者を見極めなければいけません。

 

うつ病と痴呆症の違い

病院では、脳の画像診断を行ったり、記憶力検査などを行ったりすることで
うつ病と痴呆症を識別していきますが、家族の人でも次の2点をチェックすれば、
おおよその区別をつけることはできます。

 

自分自身で自覚があるかどうか

「私は痴呆症になったのではないか」
「記憶力が落ちたのではないか」

というように本人が自覚してる場合は、
痴呆症ではなく、うつ病の可能性が高いです。

 

痴呆症の人は自分が痴呆であることを自覚していないケースが多いです。

 

質問した時の答え方

「今日は何曜日ですか?」

というような簡単な質問をした場合、うつ病の人は、答えに自信がない為に、
「わかりません」
と答えたり、もしくは、答えることができないことで
「ごめんなさい」
と謝ったりします。

 

一方、痴呆症の人は、自分が痴呆である事に気づいていない事が多く
間違った答えを平気で言ったりします。

 

以上の2点を注意深く観察するだけでも、だいたいの区別がつくでしょう。

 

しかし、これらも絶対的な基準ではなく、あくまでも目安です。
痴呆症の人でも強い不安感を持っている人もいますので、
ある程度の目安がついたら、病院で診てもらうことも必要でしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ