心の病気も早期発見、早期治療

心の病気というのは、ほかの病気と同様に早期発見、早期治療が大切です。

 

しかし、つらい症状があったとしても、それが身体に現われたなら、
心との関係を疑ってみる人は、ほとんどいないでしょう。

 

仮に、心の問題だと気がついたとしても、
たいていの人は自分の力で何とかしようとします。

 

「もっと頑張らなくてはいけない」
「気持ちを強く持たなくてはいけない」
「根性でなんとか乗り切ろう」

 

そのように自分自身を叱咤激励し、一人で頑張ろうとします。
そしてその結果、更に疲労やストレスが蓄積し、
病気をいっそうひどくしてしまいます。

 

自分で何とかしようとして、それがうまくいかないと
自信喪失に陥ってしまいます。

 

「自分はダメな人間だ」
「こんな病気になるなんて情けない」

 

このように本気で思い込んでしまいます。

 

しかし、心の病気というのは、
頑張りが足りないとか、ダメな人間だとか、そういった事とは
全く関係がありません。

 

あなたの生活スタイル、生活環境におけるストレスなど、
必ず何かしらの原因があります。

 

その原因にきちんと対処すれば、治す事のできる、
あるいは改善することの出来る病気です。

 

日本では心の病気に対する理解が、まだまだ不足しているのが現状です。
心の病気を恥ずかしいと感じたり、
自分の力でどうにかなるだろうと考えてしまいます。

 

それにより早期発見、早期治療のチャンスを失いやすいです。
そういう事態をできるだけ避ける為に、
自分の心の病気を自覚し、正しく理解し、早めに対処してしていきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ