からの巣症候群

女性では、子供が親離れした後に、
突然生きがいを失ってしまい、
うつ病になってしまうケースも多いです。

 

いわゆる「からの巣症候群」と呼ばれる症状です。

 

子供が中学生くらいまでに成長し、
自分の身の回りのことは自分でできるようになった。

 

夫は毎日残業続きで帰りが遅い。

 

こうして、家の中で何もせず、一人で過ごす時間が増えていく。

 

しだいに、朝がつらくなり、なかなか起きられなくなる。

 

体がだるくなり、どうしても掃除や洗濯などをする気になれず、
家の中が徐々に散らかってくる。

 

こうした状況になったら、
からの巣症候群の疑いが強いです。

 

からの巣症候群から立ち直るには、
夫の協力が必要となります。

 

なるべく仕事の量を減らしてでも、
できるだけ妻と向き合う時間を増やして、
孤独感を癒すように努力してもらいたいです。

 

それ以外にも、例えば、
仕事やアルバイトなどを始める、
近所のボランティア活動に参加する、
友人たちと旅行に出かける、
新しい趣味を持つ、
など、
何か自分にとって新しい世界を切り開いて、
何もしない時間を無くしていくことで、
立ち直っていくケースが多いです。

 

現在でも、人生から夫や子供を差し引くと、
何もなくなってしまうという女性は結構多いです。

 

妻、母親という顔以外の自分の顔、自分の世界を持つように、
自分自身が充実できるように努力していきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

名前:ふかみ

プロフィール

私もある精神病で数ヶ月間
通院したことがあります。
あの時の苦しみは
一生忘れないでしょう。
今はこうしてブログを書き続けられるほどに回復しています。

うつ病克服の最短コース

心と体は繋がっている

このページの先頭へ